シェルガード(S/M/Lサイズ)

ウイルス対策スプレーシェルガード

シェルガード

ウイルス対策スプレーシェルガード(S/M/Lサイズ)

シェルガードの安全性

シェルガード(本商品)は貝殻焼成カルシウムの優れた技術と最新の工法により製造されております。1996年より構成労働省 食品衛生法の既存食品添加物に認定され、同時にWHOやFAOなど国際的安全製剤として公認されております。
多くの研究によって、その製造法と水溶化により優れた機能を発揮する用法が認定されており、多くの学会などでも発ガン性物質を減少させることや二次汚染がないことなど安全要因の分析発表もされております。

また、農林水産省関連では商品への添加による抗菌や鮮度維持に対する数多くの成功例もあり、既に食品加工や他多数の生産業界で安心して使用されております。

貝殻焼成カルシウムは殺虫剤として利用され、導入企業も増加傾向にあります。導入理由のもう一つとして、シェルガードが細菌・カビ・ウイルスを同時に抗菌する事が可能であること、そして自然由来であり人や動物などに無害で安全製剤であるからです。

シェルガードによるインフルエンザウイルス対策

シェルガードはアルカリ性や抗酸化力・溶出ミネラルによりインフルエンザウイルスを予防します。

シェルガードは水に接すると活性を高め還元化を発揮し、目的物に対し被膜状態となり覆います。インフルエンザウイルスは水分(湿度)を嫌う性質があり、水溶液の効果も増幅します。その上、シェルガードの貝殻焼成成分がウイルスのタンパク質を被膜を溶解します。

シェルガードでの被膜バリヤの必要性はウイルスの大きさが関係します。ウイルスは約20nm(ナノメートル)~300nm(ナノメートル)といわれ、赤血球10μ(ミクロン)の100分の1の極小さい粒子である為、いかに強力な抗ウイルス剤を散布しても部分的や間隔がある手法では、ウイルスは侵入します。インフルエンザウイルスの核膜(エンベローブ)や突起(スパイク)の脂質をシェルガ―ドの機能により溶解し、失います。

シェルガードの用法

ウイルスの感染予防は食事、睡眠、運動、タバコ、酒、ストレスなどに注意する事です。また、まめに手洗いやうがいも予防になります。

外出時にはマスクの着用が望まれます。マスクはインフルエンザウイルスの一番嫌う湿度と温度を保つ口と鼻の小型加湿器装置の役割を果たすと考えられております。
この時に、マスクの上からシェルガードを噴霧すると湿度に反応が高まるシェルガードの機能が持続します。帰宅時には、出入り口でシェルガードを噴霧し、インフルエンザウイルスなどを共に室内に入れない方法がとれます。

室内の場合は、温度を20℃以上、湿度20%以上にすることでインフルエンザウイルスの活動を低下させる状態にさせます。その上、シェルガードを天井壁床及び空間などに噴霧することで予防度が高まります。

シェルガード販売価格(税込表示)

シェルガードS/M/Lサイズ

Lサイズ(100ml):640円
Mサイズ(50ml):530円
Sサイズ(30ml):420円

「IF-MIRAIストア」からお買い求め頂けます。

多くの決済方法をご用意しておりますので、安心してご購入頂けます。

【対応決済方法】
・ クレジットカード ・ コンビニ決済 ・ キャリア決済 ・ PayPal ・ 翌月後払い ・ 銀行振込 ・ 楽天ペイ

ZEPPIN製品一覧

  1. シェルガード
  2. FIRESAVEスティック型
  3. ジェットレスキューフライヤー火災対応
  4. FIRESAVE投てき型